iPhoneカバーの素材と特徴の違い

衝撃を吸収できるTPUを材料としたカバー

iPhoneは日本で利用している方が多いので、機種に合ったカバーが多く販売されているので豊富な種類の中から選べます。人気のiPhoneカバーの素材は、大きく2種類に分けられます。ワイヤレス充電やアプリを使ったカードの支払いの読み取りにも対応できる物も多いです。TPUという素材を使ったカバーは衝撃を吸収できるため、不注意で落下させてしまった時でも本体や液晶画面に傷が付きにくく、破損のリスクを軽減できるため人気が出ています。非常に薄手でコンパクトな形状ですが、他国の軍事規格に適った保護力を持っているカバーもあります。TPUとはプラスチックの一種でしなやかなウレタン樹脂のことを指しています。丈夫でありながら弾力性を持った素材で、iPhoneをカバーに装着しやすいですが、いったんはめると外れにくいため安心して持ち歩きに使えます。背面のと液晶画面の両方をカバーできるタイプと、背面のみをカバーするタイプがあります。機種が壊れにくいのは両面をカバーするタイプですが、背面だけをカバーするタイプでも液晶部分をガードするガラス製のフィルムを貼れば一定の強度を保てます。

本革や合成皮革を使用した手帳型

本革や合成皮革の革素材を使った手帳型のiPhoneカバーも人気です。液晶画面と接する見開き部分に、電子マネー等のカードを入れておくことができます。ストラップが取り付けられる場合は、首から提げるか手にかけるかして持ち歩くこともできます。折り目が入っている物は、スタンドとしても利用できます。机の上に置いて動画を見る時に役に立つでしょう。iPhoneの決済アプリに対応していない場合にも、カードをすぐに出して対応することもできます。中に取り付けてあるプラスチックケースに装着して使います。ベルトにマグネットが付いている物であればケースのふたが開きにくくiPhoneが傷つく心配がありません。本革は大切に長期間使えます。柔らかい布で拭いてクリームで手入れをすると艶が出て手に馴染んで使いやすくなります。人工皮革の場合は安価に入手することができ、撥水性も高いです。基本の手入れはから拭きをするだけで構いません。

どちらのタイプのカバーが向いているか

どちらのタイプのiPhoneカバーを選ぶかは、使い方で考えてみるといいでしょう。バッグやポーチを持たず、ポケットにiPhoneを入れて持ち運びをする方は、衝撃に強いTPUを使ったカバーが向いています。非常にコンパクトでかさばらずにポケットにも入れやすいです。取り出す時に落としてしまっても壊れにくいので安心でしょう。ただし、アウトドアや外回りの仕事で使う方であれば、出し入れの頻度も高いので、両面をカバーするタイプを用いた方がおすすめです。バッグや書類ケース等に入れて持ち運びをする場合は、衝撃よりも一緒に持ち歩いている物に触れて傷が付きにくくなるように手帳型カバーに装着するといいでしょう。磁気テープが付いているカード類を一緒に持つ場合は、ベルトなしでマグネットが付いていないタイプを選ぶとカードのデータが壊れにくいです。

記事一覧